読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらんにうのこと

日常はほんとにどうしようもない

君は選ばれし子供なのか?

雑記 アニメ
デジモンアドベンチャーtri

半年前だっただろうか、およそ15年ほど前に放送していたアニメ、デジモンアドベンチャーの続編が制作されている情報を耳にした僕はとても心高まり、OAをとても楽しみにしていた。その半年前の僕には申し訳ないけれど、現在の僕はとても見る気になれない、やりきれない思いでいっぱいなのさ。つまり僕はそこまでの熱度だったのかもしれない。いや、そんなことはない。むしろ期待していた気持ちを覆すほど落胆要素の存在が大きかったのだ。今日は、そんな落胆要素の数々を挙げていくことにしよう。

劇場版7部作だということ
もともと僕のイメージとして、デジモンの続編やるよと聞いたときに真っ先に思ったのは「TVシリーズとして日曜9時のあの枠で来春クールからやるのかな」くらいに思っていたところに、「劇場版」という次に入ってきた情報。まだいいよ劇場版でも。続編なんだから。楽しみなんだもん。
「7部作」
「3週間限定上映」
「全国10ヶ所」
ウン、マダダイジョウブ(´・ω・`)
今思えば、初期の選ばれし子供達(ヒカリを除く)が7人だから7部作なのかなという小さいひらめきもあったけれど、そんな事は置いといて。もしかしてヱヴァ新劇場版の序破Qにrepeatがあるように、8本目があるのかと思うと、更に考えもの。

キャストの変更
仲間のデジモン達はデジタルワールドという世界観上同じキャストなのはとても嬉しかった。というか、全キャスト一緒なもんだと思っていた。しかし現実世界では5年の月日が流れているという設定もあるわけで。高校生になった太一たちは声変わりもしているでしょうけども。キャラクターデザインが変わったことよりも、ちょっとショックでしたねー。なんだったら細田監督率いるスタジオ地図にやってもらえば良かったんだ。

既に商品化が決まっている
ここで言う商品…というのはBD/DVDの事。11月下旬に公開されて3週間限定上映、そして12月半ばにはBD/DVDの発売が予定されている。この事実を知るまで、僕は単なる7部作の劇場版だとばっかり思っていたのだけど、これはつまり…発売するOVAの先行上映ということで間違いないよね。上記の表現ではじめっから言っといてくれれば全てに合点がいくのに劇場版って謳っているから…あれっ…デジモンアドベンチャー tri.のHP見たけど何処にも劇場版の文字無いや…勘違い…かな…?

映画館で買えるBD/DVD
前述の通り12月半ばにBD/DVDが発売するのだが、それよりも前に上映される全国10ヶ所の映画館にて先行的に買えるBD/DVDがあるという。つまり、映画館でデジモンを見た流れでパンフレットを買うようにBD/DVDを買えるというのだ。HPによると、その商品を買う際には見たばかり(見る予定)のデジモンのチケットの半券の提示を要求されるということで、本当に映画館で見た人しか買えないモノというわけだ。更に言えば、一般発売版とは仕様が異なるようで…以下お察しください。

地方勢が圧倒的不利
全国10ヶ所という限定的な劇場数のため、地方に住んでる人(僕)はガチ勢だった場合はとんでもなく散財することになる(結局カネの話だが)。僕は浜松に住んでいるので、一番近い劇場…まずは名古屋までの往復交通費がかかる。次に映画という事で、僕の映画を観るときのスタイルは、パンフレット、ポップコーン、ドリンクを必ず買いたくなってしまうので、それ代がかかる。最後に劇場でのBD/DVD代。それに上映期間が3週間と短く、地元で上映しているならまだしも、3週間以内に名古屋へ出向かなければいけないというもはや謎の義務感。これが7回あると思うと、相当デジモンへの愛が無いと続けることができないだろう。ただ単に最寄りの映画館に一作完結ものの映画を見に行くのとはわけが違うのだ。

つまりは…
当時好きだったアニメがこういう商法になってしまった事が残念でならず、見に行きたい気持ちは山々だけど、そこをあえて、見に行かないことに決めたのだ。どうせ、どっかのタイミングでテレビ放映があるだろうし、そうでなくても7部作完結した後にBD/DVDボックスが出る事は目に見えているので、それ待ちでいいのかなと。その頃になればまた、心持ちも変わっていることだろう。