読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらんにうのこと

日常はほんとにどうしようもない

自分ルールは緩い

今日は、バイトのメンバーでささやかな忘年会のようなものを行いました。場所は、うちのコンビニの近くにある昭和をコンセプトとした懐かしの雰囲気の内装の、中身は普通の居酒屋です。いつもは24時まで営業しているうちのコンビニも、今日は23時で切り上げて、23時半からその会を始めました。

食べたものをなんとなく挙げていくと…
イカのフライ
茄子の煮浸し
焼き鳥
豚の角煮
病み付きキャベツ
だし巻き玉子
チーズのフライ
ソーセージ
などなど、いわゆる居酒屋のメニュー。そこにお酒が入って楽しくおしゃべりする感じでした。話した内容は最近のお店の事や、バイトの子の進路の話やら他愛もない話、一応忘年会という体なので、来年もよろしくね、などのお話をしてました。あとは、クリスマスシーズンなので、まるたやのチーズボックスをみんなで食べました。

一応糖質制限をしている身としては、夜遅くの食事自体ダメだし、ましてやケーキなど言語道断なのですが、こういうときくらいは良いのかな、と最近思うことにしました。別に目標があるわけではないですが、始めるときに比べたらだいぶ体重も減っているし、食事会のような過度に偏る食事だったり一時的に体重が露骨に増えたとしても、また普段の食生活に戻せば、そこまで体重がどうこうすることもないと思うので「糖質制限をしているからごめんなさい!ご飯は食べれません!」みたいな過度な拒絶はしなくてもいいんじゃないか、と思います。

ちなみに…居酒屋のメニューはすごいご飯が食べたくなりますね。特に豚の角煮なんてその最たるもので、本当にご飯が食べたくなるのですが、それでもご飯は食べませんでしたが…。