読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらんにうのこと

日常はほんとにどうしようもない

かいもの、だいすき。

f:id:brandnew_asr:20161213110536j:image

△サトイモみたいな芋のコロッケ

 

本日の体重

57.3kg

 

MacBookProを購入した理由の一つに動画編集などのちょっとクリエイティブな作業をスタイルッシュに行うためだったわけですが、

 

「動画編集をがんばるぞい」

 

などと豪語していた数日前はどこへやら。今ではネットブラウジングしながらブログを更新するくらいしかしていないわけですが。まぁそれでも"Mac"というOSレベルでの使いこなしを目標とするためには、ネットブラウジングもブログ更新も必要不可欠なのですと訳のわからないことを申してみたりしますが。

 

このところは、まだ「MPBを持ち運ぶことができるゴツくない身軽なバッグ」を探しております。まぁ、あれです。マウスや外付けHDDの時もそうでしたが、先週末に給料が入ってからというものMBPの周辺アイテムを色々探していますが、日々のこの行動って一見無駄なようで(無駄なんだけど)実はここ、購入する前の品定めのように長くかけている時間が一番楽しいのではないかと思います。いや、ポチってしまい商品が届くまでの時間も楽しみだし、実際に商品が届いて開封、使い始めても楽しい、わくわくな感情は継続してあるんですけど…

 

要はあれです、ほんとに良いものを買うまで、買って以降の一連のアレが全て楽しいということです。なんだったら楽しいという言葉だけでは表現できないような、脳内麻薬のようなものがずーっと溢れ続けているような感じでしょうか。とにかくそういうことです。

 

で、只今気になっているバックはこちら。ROOTOTEのCEOROO(セオルー)というタイプのものです。

バイト先にMBPを持っていくために同じROOTOTEのTALLのはじめの頃のシンプルでオシャレなデザインのものを使っており…

f:id:brandnew_asr:20161213175435j:image

f:id:brandnew_asr:20161213175434j:image

△デザインはオシャレだけど年季の入った汚さ

 

色々バッグをチェックしている中で、このROOTOTEのバッグで良いものないかなと思って調べてみると、なんとなく良さげなものが見つかりました。ポケットは内外合わせて4つ、記事は普通のROOTOTEと同じ生地だと思われますので頑丈でしょうし、表面も撥水加工がなされているそうで、軽い雨でも良さそう…でしょうか。以前記事に上げたTRICKSTERのEDWARDよりも小さめで持ち運びやすのではないでしょうか。ただ、これも調べた限りでは詳しくレビューをしているような記事や動画はなく、実際にモノを見てみないと分らないことは多そうです。

 

ノートPCを持ち歩くバッグによくあるノートPCを入れるようの仕切りなどはこのバックにはついていませんので、もしこれを購入するのであればインナーケースのようなもので外傷をカバーしないといけないと思うので、結局また買う物が増えてしまうわけです。こちらもまた品定めをしているところですので、またポチった頃にでも報告がてらブログに記事をあげます。(誰も見てないけど