読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらんにうのこと

日常はほんとにどうしようもない

私はモナ王派。

今日の夜食と体重 雑記

f:id:brandnew_asr:20161221152008j:image

高校生から成人するまではチョコモナカジャンボをよく食べていた記憶があり、好きこのんでモナ王を手に取るようなことはなかったかと思います。

 

たまたまよく行くコンビニにチョコモナカジャンボしかなかったのかもしれませんし、モナ王という存在を認識していながらも、潜在意識的にすすんでチョコモナカジャンボを取っていたのかもしれません。

 

なんにせよ、今の僕はモナ王派です。本日は、何故モナ王に実質の乗り換えたのかをお話しましょう。

 

※あくまでも個人の意見です。チョコモナカジャンボのディスりではありません。

 

1.モナカ

チョコモナカジャンボモナ王の違いは第一にこの部分にあります。まずチョコモナカジャンボですが、モナカと中身のバニラアイスの間に薄くチョコのプレート、シートのような層があり、それによってモナカとバニラアイスが直接触れることがないため、モナカがしめらず、モナカのパリパリの食感を味わうことができます。そもそもモナカの厚みなどの作りが違うということもありますが、モナカのパリパリ感を欲している人はこちらのチョコモナカジャンボが好きな理由でもあることでしょう。

 

以前の僕はそのモナカのパリパリ感が好きだったのだとも思います。いい意味でも悪い意味でもあるのですが、大人になったことで食の好みが変わったのかもしれません。しっとりしているモナカが好きになったということもありますし、今の僕はそのパリパリ食感が逆にデメリットに感じることがあります。それは「ボロボロ落ちる」という点です。そもそもモナカに入ったアイスは手に持つ事ができるということで携行性が高く、歩きながらでも溶けたアイスがたれて手がベタベタにならなかったりとメリットはあると思うのですが、チョコモナカジャンボに関してはモナカがパリパリが故にボロボロ落ちやすいのではないかと思います。モナ王に比べてモナカ山の数が多いので、余計ボロボロする可能性が高いのではないでしょうか。

 

その点モナ王はでモナカとアイスが直接触れている関係だと思われますがモナカがしっとりしているので、そりゃあモナカの粉がボロボロ落ちることを完全に回避できるかといえばそれは無理な話なのですが、チョコモナカジャンボに比べたら少なくなっているのではないかと思います。モナカ系アイスを食べたいけれど、ボロボロ落ちるのが難点…という人にはモナ王はおすすめしたいと思います。

 

2.チョコ

前述もある通り、チョコモナカジャンボのモナカの内側には薄っすらとチョコの層がありますが、もう一つ、バニラアイスの中にも1-2mmの薄い板チョコが入っていることがチョコモナカジャンボの大きな特徴の一つなのではないでしょうか。外側のモナカのパリパリ食感に加え、中の板チョコのバリバリ食感。2つの違う食感を味わうことができるチョコモナカジャンボは食感重視のモナカ系アイスだと言えます。 しかし、ここが僕のモナ王に乗り換えた最大の理由です。

 

「バニラアイスの中に板チョコ、いらなくね?」

 

以前の僕はこの板チョコが割と好きだったと思われるのですが、今の僕は純粋にバニラアイスが食べたくなっているのです。中の板チョコに邪魔されることなくただただバニラのアイスを食べたいだけなのです。

 

以上の2点くらいでしょうか、まぁそこまで深い理由はないのです、食の好みがちょっと変わったということですね。「今は」モナ王派でもまたしばらくすればチョコモナカジャンボ派になるかもしれませんし。

 

19(月

f:id:brandnew_asr:20161221152027j:image

f:id:brandnew_asr:20161221152009j:image

△コンビニのパン

と、モナ王

58.2kg

 

20(火

f:id:brandnew_asr:20161221152032j:image

△魚の竜田揚げ

58.3kg